LILOからgrubへの変更

ブートローダを標準のLILOから、 高性能なブートローダGNU GRUBに変更しました。

このページの操作は全てrootで行います。 操作を間違えるとDebianがブートしなくなってしまう可能性があるので、 心配な人はブートフロッピーを作っておいた方が良いかもしれません。

Amazonのベストセラー
(キーワード: Linux)

インストール

以下のコマンドを入力します。 これで、GNU GRUBのファイルがインストールされますが、 まだまだ設定が必要です。

# apt-get install grub

MBRへのGRUBのインストール

以下のコマンドで、HDDのMBRへGRUBを書き込みます。 また、設定ファイルやブートに必要なファイルが/boot/grub/以下にコピーされます。

# grub-install /dev/hda

メニューファイルの作成

メニューファイル(menu.lst)のサンプルが、/usr/doc/grub/examples/menu.lstにあるので、 これを/boot/grub/にコピーします。

これを参考に自分用に編集します。Linuxしか使用しないのならば、 linux以外の「# For booting」で始まるところは削除してしまいましょう。

その後、「# For booting Linux」に続く2つの行を、自分のシステムにあわせて修正すればOKです。

以下に、私の設定を示します。

timeout = 10

title   = Linux
root    = (hd0,0)
kernel  = /vmlinuz root=/dev/hda1

title   = Linux (Singl User Mode)
root    = (hd0,0)
kernel  = /vmlinuz root=/dev/hda1 single

title   = Linux (Old Version)
root    = (hd0,0)
kernel  = /vmlinuz.old root=/dev/hda1 

このようにしておくと、起動時にメニューが表示されて、 起動時に設定やカーネルを選択できるようになります。

再起動

メニューファイルを作成したら、Linuxをリブートさせましょう。 うまくいけば起動時にGNU GRUBメニューが表示されるはずです。 上下キーでブートする設定を選んでENTERキーを押せばブートします。

LILOのアンインストール

GNU GRUBでうまく起動できたら、LILOは用なしなので、 以下のコマンドで削除してしまいましょう。

# dpkg --purge lilo

これでおしまいです。

SEO [PR] おまとめローン Windows7 冷え性対策 動画 掲示板 レンタルサーバー ライブチャット SEO