オブジェクト指向・UMLの本

とりあえず、流行なのでつまみ読みしています。

ちなみに、完全なUML初心者です。

ご注意!

  • 本の表紙画像と情報(著者・価格・出版社etc)は アマゾン・ジャパン のデータを利用しています。
  • 本の表紙画像をクリックすると アマゾン・ジャパン のサイトにジャンプします。いろいろな人のその本に関するレビューがあるので興味がある人はどうぞ。
  • 各本の感想はもちろん私のオリジナルです。著作権は私にあります。
UML モデリングのエッセンス 第3版
  • 著者: マーチン ファウラー (著), 羽生田 栄一 (翻訳)
  • 価格: 2,520円
  • 出版社: 翔泳社 ; ISBN: 4798107956 ; 第3版 (2005/6/16)

UMLの入門書としては定番だそうです。

確かに、タイトルに「エッセンス」とある通り、 のUMLの各ダイアグラムやそのダイアグラムが 策定された背景などが一通り述べられています。 また、ページ数も少なくすぐ読み終えることも出来ます。

しかし、記述が簡潔(不足していると言う意味ではない)すぎる嫌いもあり、 UMLの第一冊目としてはちょっとススメられないと思います。

実際、UML初心者の私はこの本だけでは無理と思い、 独習UMLを購入しました。

オススメ度:★★★☆☆

独習UML 第3版
  • 著者: 株式会社テクノロジックアート, 長瀬 嘉秀 (編集), 橋本 大輔 (編集)
  • 価格: 3,780円
  • 出版社: 翔泳社 ; ISBN: 4798107638 ; 第3版 (2005/2/2)

UMLモデリングのエッセンスを読んで、 もっと基本的なところから出直そうと思って購入しました。

基本的なところから書いてあり、非常に助かります。 本の構成も一章が短くまとめられ、 章の最後にはまとめと理解度テスト用の演習問題があり、 とても読みやすいです。 (他の独習シリーズもこのような構成なのでしょうか?)

実はまだ読み途中です。 ここの本だけでUMLが使いこなせるようになるかどうかは疑問ですが、 簡単な図を書いたり、他の人のUML図を読めるようにはなると思います。 UMLの最初の一冊としてお勧めです。

オススメ度:★★★★☆

SEO [PR] おまとめローン Windows7 冷え性対策 動画 掲示板 レンタルサーバー ライブチャット SEO