Perlの本

ちょっとしたテキスト処理がしたかったのでPerlをかじりました。

が、とりあえず入門書を読んだら目的を達することが出来たので、 それ以上の本は読んでいません。 Perlの定番本は、Perlの作者ラリー・ウォールによる 「プログラミングPerl〈VOLUME1〉」 「プログラミングPerl〈VOLUME2〉」 といわれています。 本格的にPerlを学びたい人はこちらを読むと良いかもしれません。

ご注意!

  • 本の表紙画像と情報(著者・価格・出版社etc)は アマゾン・ジャパン のデータを利用しています。
  • 本の表紙画像をクリックすると アマゾン・ジャパン のサイトにジャンプします。いろいろな人のその本に関するレビューがあるので興味がある人はどうぞ。
  • 各本の感想はもちろん私のオリジナルです。著作権は私にあります。
初めてのPerl
  • 著者: ランダル・L. シュワルツ (著), トム フェニックス (著), Randal L. Schwartz (原著), Tom Phoenix (原著), 近藤 嘉雪 (翻訳)
  • 価格: 3,780円
  • オライリージャパン ; ISBN: 4873111269 ; 第3版 版 (2003/05)

Perlの定番入門書です。

Perlの構文・データ形式などはこの本で十分に学べます。 また、ファイル操作・テキスト操作に関しても一通りできるようになります (もちろん正規表現も取り上げています)。

入門書なので、ネットワークやパッケージ関係の記述は少ないので、 不満のある人もいるかもしれません。 そんな人は「プログラミングPerl」にステップアップしましょう。

オススメ度:★★★★☆

SEO [PR] おまとめローン Windows7 冷え性対策 動画 掲示板 レンタルサーバー ライブチャット SEO