coLinuxのインストール(0.5.3-pre2)

これは前にcoLinux(0.5.3-pre2)を インストールしたときのメモから再構成したものです。 メモが適当だったので怪しいところがあるかもしれません。

coLinuxのインストール」のページで、 でより新しいバージョンに挑戦したので、 そちらの方が参考になると思います。

Amazonのベストセラー
(ジャンル: Linux)

ダウンロード

http://www.colinux.org/から リンクをたどって

  • colinux-20040131-bin.tar.gz
  • colinux-daemon-replacement-1.tar.gz

をダウンロード。

http://sourceforge.net/project/showfiles.php?group_id=98788&package_id=108058からルートイメージ

  • Debian-3.0r0.ext3.1gb.bz2

をダウンロード。

TAP-Win32のインストール

TAP-Win32は、coLinuxとホストPC(Windowsマシン)をネットワーク接続するネットワークドライバです。 READMEファイルに従ってインストールします。

簡単に書くと、コントロールパネル→ハードウェアの追加と削除→デバイスの追加/トラブルシューティング→(ちょっと待つ)→新しいデバイスの追加→いいえ→ネットワーク アダプタ→ディスクの使用→参照を選んでTAP-Win32のフォルダでOemWin2kを選択→次へ→次へ→終了。

以上が終わると、いったん再起動が必要となります。

ファイルのコピー

READMEファイルに従ってファイルをc:\coLinuxにコピーします。

コピーするのは colinux-20040131-bin.tar.gz を展開して得られるファイルと、 Debian-3.0r0.ext3.1gb.bz2を伸張して得られるファイルです。

起動

cygwinのシェルで/cygdrive/c/coLinuxに移動してcolinux-daemon.exeを実行。

$ cd /cygdrive/c/coLinux
$ ./colinux-daemon.exe

が、cygwin1.dllがバッティングしているとエラーがでるので、 c:\coLinuxにあるcygwin1.dllを改名してから再度実行します。

$ mv cygwin1.dll cygwin1.dll.disable
$ ./colinux-daemon.exe

するとcoLinuxコンソールが開きDebian GNU/Linuxがブートします。 ブートが完了すると普通にプロンプトがでるのでrootでログインできます。

ただし、以下の2点が問題点です。

  • CPUを100%食う
  • ESCキーを押すとコンソールが消えてしまう

ネットワークの設定(Windows2000側)

(ちなみにWindowsマシンが接続されている家庭内LANは192.168.10.0/24です)

Windows2000のネットワークのプロパティでTAP-Win32ドライバに割り当てられている IPアドレスを192.168.0.1にすると、 coLinux(デフォルトでIPアドレスは192.168.0.40とpingが通るようになります。

更にWindows2000をルータにします。

Windows2000のネットワークのプロパティでLAN側のアダプタ(TAP-Win32ではない方)の プロパティから「共有にする」を選択すると、 coLinuxからLAN内の各ホストにpingが通るようになります。 またADSL(インターネット)側にも出れるようになるはずです。

いろいろWindows2000の設定を変えたので、 この辺で念のためにWindows2000をリブートしておきましょう。

ネットワークの設定(coLinux側)

まず、coLinuxをブートしてインターネットに出れることを確認しましょう。 とりあえずは、www.yahoo.co.jpのIPアドレス211.14.15.5(変わっているかもしれません)に coLinuxからpingを打ってみましょう。 coLinuxにrootでログインして以下のコマンドを打ち込んで返事が返ってくればOKです。

# ping -c 4 211.14.15.5
PING 211.14.15.5 (211.14.15.5): 56 data bytes
64 bytes from 211.14.15.5: icmp_seq=0 ttl=246 time=43.1 ms
64 bytes from 211.14.15.5: icmp_seq=1 ttl=246 time=55.5 ms
64 bytes from 211.14.15.5: icmp_seq=2 ttl=246 time=65.0 ms
64 bytes from 211.14.15.5: icmp_seq=3 ttl=246 time=49.0 ms

--- 211.14.15.5 ping statistics ---
4 packets transmitted, 4 packets received, 0% packet loss
round-trip min/avg/max = 43.1/53.1/65.0 ms

次に、coLinuxの設定をしてcoLinuxにtelnetできるようにします。 これはcoLinuxのコンソールはイマイチ不具合があって使いにくいからです。 telnetで操作した方がずっと楽になります (できればsshを使いましょう。私は面倒ですし家庭内だけなのでtelnetで済ませました)。

ユーザの追加

rootではtelnetできないので、一般ユーザを追加します。これはadduserコマンドですぐできます。

# adduser ユーザ名

それとrootのパスワードも設定しておきましょう。

# passwd

DNSの設定

このままだと、IPアドレスでしたアクセスできず不便なのでDNSの設定をしておきます。

# echo "nameserver xxx.xxx.xxx.xxx" >> /etc/resolv.conf

もちろんxxx.xxx.xxx.xxxは、自分のプロバイダから指定されているDNSのアドレスです。

telnetdのインストール

ブートイメージ(Debian-3.0r0.ext3.1gb.bz2)にはtelnetデーモンが入っていないので、 そのままではtelnetできません。とりあえずインストールします。

# apt-get update
# apt-get install telnetd

以降は全てtelnetして行います。telnet端末はcygwin付属のものかTeraTermを使いましょう。

IPアドレスの変更等

telnetして、/etc/network/interfaceを編集します。 ここでは、ループバックデバイスとIPアドレスの変更をします。

IPアドレスは別に変更しなくても良いのですが、 ループバックデバイスは設定しておいた方が良いでしょう。 以下が/etc/network/interfaceの設定例です。「lo」のところがループバックデバイスの設定です。

auto lo eth0

iface lo inet loopback

iface eth0 inet static
address 192.168.0.2
gateway 192.168.0.1
netmask 255.255.255.0

ついでに、/etc/hostsファイルを変更してLAN内のPCのアドレスを加えておきましょう。

最後に、/etc/network/interfaceの設定を反映して完了です。 以下のコマンドを実行すれば反映されますが、 IPアドレスを変更した場合はcoLinuxのコンソールから行いましょう。

# /etc/init.d/network restart
SEO [PR] おまとめローン Windows7 冷え性対策 動画 掲示板 レンタルサーバー ライブチャット SEO