coLinux(0.8.x)のインストール [その1]

このページでは、coLinuxをインストールするために必要な準備について 説明します。

環境

今回、coLinuxを動かすPC(ホストPC)のスペックは以下のとおりです。

OS : Microsoft Windows2000 SP4 日本語版
CPU : AthlonXP 2500
Mother Board : Aopen AK79D-400VN
Chipset : nVida nForce2 Ultra400
Memory : DDR SDRAM 1GBytes
Video : nVidia GeForce FX5200 128MB
HDD : IBM 120GB
CD/DVD : DVD-ROM Drive, CDR Drive
FDD : 3 mode drive(?)
Netowrk : nVidia nForce MCP
Sound : nVidia nForce Audio Codec

このPCが接続されるLANのネットワークアドレスは192.168.10.0/24で、 ADSLモデム(ルータ)が192.168.10.254に設定されています(固定IP)。

Cygwinのインストール

必須ではありませんが、あった方が便利です。 というのも、 ダウンロードしたファイルイメージを展開(bzip2コマンド)したり、 新たなファイルイメージを作る(ddコマンド)のに必要なコマンドが 含まれているからです。

また、CygwinでXまでインストールしておけば、 後ほどcoLinuxでX Window Systemを利用する場合に、 X Serverとして使うことができます (VNCで代用できるので、なくても大丈夫ですが)。 coLinuxがあればcygwinが不要なるはずなので、 ちょっとおかしな話ですが…

インストールする人は Using Cygwinなどを 参考にして見てください。

Cygwinなんて入れてられないという人は、 bizp2形式をサポートした圧縮・展開ソフト (例えばLhaplus)と、 ダミーファイル作成ソフト(例えば高速ダミーファイル作成ツール makedummy)を インストールしておきましょう。 makedummyにはインストーラがないので、 あとで作るcoLinuxのフォルダにexeファイルを コピーしておけばいいでしょう。

必要なファイルのダウンロード

coLinuxのスナップショット配布サイトから 0.8.xのインストーラをダウンロードします (詳しい場所はスクリーンショットを参照)。 私がダウンロードした時点では、 devel-coLinux-20080226.exe が取得できます。

以前はあらかじめディスクイメージをダウンロードしておきましたが、 今回からインストーラでタウンロードしてみます。 なので、 つまりダウンロードするのは以下のファイルのみです。

  • devel-coLinux-20080226.exe
SEO [PR] おまとめローン Windows7 冷え性対策 動画 掲示板 レンタルサーバー ライブチャット SEO