coLinux(0.8.x)のインストール

現在、coLinuxは安定版の0.6.x系(0.7.x系)と開発版の0.8.x系の2系統があります。 ここには開発版のcoLinux 0.8.0を インストールしたときの記録を記します。

0.6.x系とそれ以降では設定ファイルの書式が異なりますので、 注意してください。

その0:変更点

0.7.x系列からの変更点。

その1:準備

ホストPC(Windowsマシン)環境の確認と必要ファイルのダウンロード。

その2:インストーラの起動

coLinuxのインストール。

その3:ディスクイメージの準備

ルートディスクイメージとスワップディスクイメージの準備。

その4:設定ファイルの修正と動作確認

メモリとディスクの割り当てと動作確認。

その5:ネットワークの設定

coLinuxでネットワークを使用できるようにします。 以下の4つの選択肢があります。

TAP-Win32でのNAT接続

WindowsマシンとcoLinuxをTAPドライバで接続します。 WindowsマシンはNATルータになります。

TAP-Win32でのルータ接続

WindowsマシンとcoLinuxをTAPドライバで接続します。 Windowsマシンは単純なルータになります。

TAP-Win32を使ったブリッジ接続

TAP-Win32を使ってcoLinuxを既存のネットワークに参加させます。 Windowsマシンはブリッジとなり2つのネットワーク間のデータを転送します。 残念ながらこの方法はWindows XP限定です。

ただし、Windows2000の場合は、 etherbridgeドライバというフリーソフトをもちいると ブリッジ接続が可能となります (詳しくは「Windows2000でTAP-Win32ドライバを使ったブリッジ接続」を参照してください)。

WinPCapを使ったブリッジ接続

WinPCapを使ってcoLinuxを既存のネットワークに参加させます。

その6:追加パッケージのインストール(その1)

telnet・sshサーバ等をインストールして使いやすくします。

その7:ホストPCとのデータ交換(smbfs)

smbfsの設定をしてホストPCとデータ交換ができるようにします。

その8:ホストPCとのデータ交換(cofs)

cofsというcoLinux独自のファイルシステムを使ってホストPCとデータ交換ができるようにします。

その9:VNCを使ったGUI環境

VNCを使ってcoLinuxでGUIを使えるようにします。

その10:ハードディスクの増量

新たなディスクイメージを作成してハードディスクの容量を増やします。

その11:追加パッケージのインストール(その2)

ディスクに余裕ができたのでパッケージをたくさん突っ込みます。

その12:coLinuxをサービスとして利用する

coLinuxをWindowsの起動にあわせて自動的に起動するようにします。

その13:coLinux Managerのインストール

サービス化されたcoLinuxを便利にするツールcoLinux Managerをインストールします。

SEO [PR] おまとめローン Windows7 冷え性対策 動画 掲示板 レンタルサーバー ライブチャット SEO